抽出先のフォルダについて


■抽出先のフォルダについて

フォルダ設定画面

上図で青色で示した2の「フォルダ...(F)」ボタンを押して、抽出ファイルを保存するフォルダを指定します。このとき実際には、指定したフォルダの直下にサブフォルダをつくり、その中に抽出します。

たとえば対象ファイルの名前がABC.msiの場合で、抽出先をX:\MSIに指定した場合には、X:\MSI\ABCという名前のサブフォルダをつくり、その中に抽出します。

■抽出先に既に同名のファイルが存在する場合

抽出しようとしたファイルと同じ名前のファイルが、既に抽出先に存在していた場合には、下図のような確認ダイアログが出ます。

上書き確認ダイアログ

・「はい(Y)」
抽出したファイルで既存のファイルを上書きして構わないとき
・「いいえ(N)」
既存のファイルの方を残し、抽出したファイルを破棄するとき
・「全て上書き(A)」
今後既存のファイルがあろうとも、今回抽出したファイルで全て上書きしても構わないとき
・「全ていいえ(S)」
今後既存のファイルがあるときは、上書きせず、全て既存のファイルを残すとき

「全て・・・」は、いちいち確認ダイアロクに答えるのが煩わしく、このあとずっと同じ選択肢で押し通す場合に選びます。

なお、ダイアログの右上の×印を押したり、Escキーでこのダイアログを強制的に閉じた時は、「全ていいえ」を押した時と同じ扱いになります。